自粛は日本を殺す 浜松まつり中止で考えさせられたこと

2011.03.20

ここ数日は、Smiles for Japanにかかりきりだったので、全くブログを書いている余裕がなかったが、ここはどうしても書かなくては、ということがあったので、筆を執った。


あのね、"自粛"、って何ですかね? "不謹慎"って食べられるんですかね?

今も、被災地ではろくに食べられない、それ以上に、暖をとる事も叶わず低体温で亡くなる方もいる。家が流されて、思い出の品を探す事で日々を過ごしている人も多いと聞く。だから、被災地の大変な状況を、苦しい思いを(完全には出来ないけど)、僕たちは同じように共有していこう。ここまではOK。

で、それがなんで"自粛"という経済活動を殺す行動に繋がるのか。
僕たちが出来るのは、沈んでいる被災地の経済を支えていくこと。寒い思いをしている人たちに毛布や食料を届け、復興期には仮設住宅を建て、人手を送り、お互いに汗をかいていくことなのではないか。そして、その為にはお金がいる。毛布や食料はただではない。仮設住宅=家を建てる。ドラえもんがどこでもドアから出してくれる訳ではないのだ。

そんな中、僕の地元、浜松が世にもまれに見るアホな決断を下した。

浜松まつりは、毎年5/3-5/5に開催される全国有数のお祭りで、100万人の観光客が訪れるという。
観光収入の金額は公表されていないが、単純に一人1,000円使って10億円。10,000円で100億円。平均値を知るすべがないのだが、それでも少なく見積もって数十億円の収入がある計算となる。震災の影響で出足が鈍くなったとしても、それでも十億円レベルの収入を浜松市は捨てた事になる。

浜松は全国の地方都市の例に漏れず、経済は沈下している。
遠州特産工業(二輪・四輪、楽器、織物)生産統計は2007年は1兆7,306億3,563万8千円。2008年は1兆6,373億7,774万6千円。そして2009年は1兆173億2,560万4千円へとこの一年で6,000億円以上急激に落ち込んでいる。
このような状況で、十億円レベルの経済活動を捨てた、ということだ。

同時に、祭りというものは本来から「人知を超えたものを敬い」、「悪いものを遠ざける」という二面が含まれている。浜松まつりは子供の健やかな成長を願い「悪いものを遠ざける」ということが大本にある。今こそ、まつりを「やるべき」ときだと思うのだ。

本当の意味で東北を支えるのであれば、まず、被災地以外が元気に経済活動を続け、その一部を義援金、復興支援金に回して行くというのが本筋ではないか。浜松まつりの1%を寄付することで被災地には数千万円が届く。まつりを無くして、このレベルの支援は可能なのか。

浜松だけではなく、被災地以外の全ての地方自治体に、同じ事を問いたい。

Facebook
Thoughts